大阪 なかもずで英語を始めるなら新型英会話スクールLog Lan

3歳~小学生の方

“子どもは何歳から英語学習させるべき?”
英語は、何歳から始めても早すぎることはありません。
この理由は、子どもの年齢に応じて、伸びやすい能力が違うからです。

0歳~5歳

英語教育の低年齢化
●日本語より英語を先に習う傾向
●グローバル化に追われる親世代の影響
●多くの国が小学校1年生から英語教育を開始

日本において年々、英語教育の低年齢化が進んでいます。NHKの「過熱する幼児英語教育 背景は」にあるように、日本語を覚える前に英語を習う子どもは、増加傾向にあります。英語が当たり前になってきている時代、仕事で英語に接し苦労を経験した親世代が、英語の必要性を強く感じ、自分の子どもには同じ悩みを持たせたくないという思いから、幼児への英語教育に注力しているようです。英語教育の低年齢化は日本だけではありません。世界64カ国の各国の英語教育の専門家への質問紙の調査報告によると、世界64カ国の過半数の国において、小学校1年生から英語教育を始めています。世界状況に比例して、日本でも段階的に小学校での英語教育が進められている今、積極的な幼児への英語教育により、事前に備えることが大切です。

0~3歳 → 脳の急成長により、言語習得能力が高い
3~5歳 → 使う言葉が一段と増え、音声が記憶に残りやすい

0~5歳においては、何にでも興味を示す時期なため、外国人と交流したり、外国語に触れたりすることで、他の年齢に比べて英語や異文化に対する抵抗が低くなり、将来の英語学習を円滑に進められます。

小学生

進む小学校での英語教育
●90%以上の小学校で英語教育の実施
●一定の成果報告あり
●早い段階での英語学習が重要

現在、小学校での英語教育は、各々の学校に判断が委ねられているものの、約9割もの学校において、何らかの形で実施されています。英語学習が行われている学校からは、英語に対する関心・意欲が高まったことやスキル面で一定の成果があったなどと、前向きな報告があがってきています。世界の公用語として大きな役割を担っている英語は、グローバル化の急速な進展により、今後もより高い重要性を果たしていくと考えられます。世界中で小学校への英語教育が進む中、将来世界で対等に戦えるよう、できる限り早い段階での英語学習への取り組みが必要です。

6~8歳 → 英語の正しい音に触れると、正確に認識し再現できる
9~12歳 → 思考力や文章力、読解力など多様な能力を習得できる

残念ながら、小学校での英語教育は、まだまだ十分ではありません。多様な能力を吸収できる、大事な時期を逃すことなく、英語に馴染み、受け入れられるよう、しっかりとした学習が、将来の大きな鍵となります。

中学生~高校生の方

“学校の英語学習だけで満足していませんか?”
学校での英語の授業についていくことは、重要なことですが、
それ以上に英語に関わることで大きなアドバンテージになります。

中学生

英語学習によるアドバンテージ
●中学校での英語学習の必須
●外部検定取得による受験での英語免除
●スーパーグローバルハイスクールへの挑戦

学校での本格的な英語教育が始まる中学生になると、英語学習は義務的になります。全国的に、外部検定の英語資格取得者には、高等学校入学者選抜学力検査の「英語」の強化において、一定の得点率に基づいた点数の変換を行うことができます。大阪の府立高等学校における入学者選抜学力検査については、TOFEL、IELTS、英検の3つの外部検定が対象です。つまり、いずれかの資格で、定められている点数を取得すれば、受験で英語が免除されるため、他の教科への学習に集中することができ、より高い高校を目指せます。また、英語が得意であれば、平成26年よりスタートしているスーパーグローバルハイスクールへの進学に挑戦し、将来のグローバルリーダーになることも夢ではありません。

中学生 → 高度な英語学習を見据えた基礎力構築が大切

学校での学習にしっかりとついていき、英語の基礎力を身につけながら、英語の外部検定に挑戦することにより、将来の可能性が一段と広がります。

高校生

グローバル人材に向けた基礎作り
●英語による英語授業の推進
●高校での学習および大学受験
●グローバル人材の育成

高等学校での定期試験や大学受験には、依然として「聞く力」「書く力」「読む力」が必要とされています。一方で、国としては、「話す力」強化のため、現在、学校での英語授業が英語で行われはじめています。今後の英語教育について、文部科学省は「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」で、発表や討論、交渉等言語活動の高度化を促進し、英語である程度流暢にコミュニケーションを取れる能力の習得を提示しています。小学校での英語教育が始まり、英語学習の低年齢化が進むことに比例して、高等学校での英語教育は、年々高度になっていくことが予想されます。高校生にとって、進化する学校での英語教育についていくことはもちろん、一歩先を目指せるよう、効率的かつ質の高い英語学習が重要です。

高校生 → グローバルに活躍できるよう、確実な英語力ベースが必要

高等学校で好成績を獲得し、よりレベルの高い大学へ進学するためにも、本当の意味での「話す」「聞く」「書く」「読む」のバランスの取れた4技能習得が重要です。

お子様の「今」しかない年齢に応じた能力…
その能力を最大限に引き出し、活かしてあげるためにも、英語を始めるのは「今」がベストです。

Log Lanでは、バイリンガル日本人を多く育てた経験豊富なスタッフ・講師が、次世代を担う大切な子どもたちに、より大きな可能性を提示できるよう、一人ひとりを丁寧にサポートさせていただきます。

大学生~社会人の方

“英語学習から離れていてはもったいない!”
学校での英語学習を終えて、英語から遠ざかってしまっていませんか?
大人になっても、英語習得によるメリットは、多様にあります。

大学生

国際性のある社会人へ
●大学の国際化
●有利な就活
●就活での選考

英語の授業についていけない・・・
留学生がいるけれど、話せない・・・
多くの大学において、国際化推進のために、積極的な留学生の受け入れや交換留学の機会提供を行っています。大学は、もはや単なる英語教育ではなく、異文化や海外の歴史などに理解を示し、高度なコミュニケーションを取れる学生を育てようとしています。また、就活においても、英語の重要さは出てきます。英語の外部検定で、好成績であれば、高く優位な評価をされます。企業によっては、外部検定で一定以上のスコアがないと、選考にすら進めないということもあります。大学の授業ではもちろん、就活のためにも今まで以上に、確実な「話す」「聞く」「書く」「読む」の4技能の習得が求められます。

大学生 → 国際性を持ち会社で即戦力になれることが重要

帰国子女や留学経験者の英語が始めは有利なものの、数年経つと目立った差はなくなります。日本にいても、英語で相手を説得したり、話を上手くまとめたり、交渉力や表現力を身につけている人間が本当のグローバル人だと言えます。

社会人

社会全体および会社のグローバル化
●英語の使用頻度増加
●昇進や査定における英語の必須化
●グローバル進出を狙うキャリアアップ

英語の外部検定を受検する業務命令が来た・・・
海外のお客様との取引で英語を使わないといけなくなった・・・
近年、大企業が続々と英語の社内公用語化を進めています。また、TOEICなどの英語の外部検定で一定以上のスコア取得を定め、昇進や査定などに義務付けている企業も出てきています。企業内での英語化についていけないと、降格あるいは減給といった厳しい現実になっています。今やどの企業にとっても英語は必須の時代です。会社で生き残っていくことはもちろん、グローバル進出への可能性拡大やキャリアアップのために、特に重要なのが日本人の苦手とする「話す力」です。自分の意見や考えを自分の英語で伝えることが、今後強く求められます。

社会人 → グローバル化に対応できる人材になることが大切

効率的に本物の英語を身につけ、さらなるキャリアアップやグローバルに活躍できる人を目指しませんか。

海外旅行をお考えの方

海外旅行の際、道に迷って困ったことはありませんか?
外国人に話しかけられて、何も返せず戸惑ったことはありませんか?

今や国際的に共通語である英語。英語で外国人に話しかけることによって、新しい発見ができたり、友達になれたり。英語を身につければ、海外旅行がより一層充実すること間違いありません。
Log Lanでは、レストランでの注文の仕方や空港での搭乗手続きの方法など、簡単な英会話から楽しく始められます。

ビジネスで英語をお使いの方

海外から英語の電話がかかってきて戸惑った・・・
会社で急に英語が必要になってきた・・・

大手企業が英語の社内公用語化に取り組むなど、現代の社会において、英語の重要度はますます上ってきています。また、海外との取引や顧客のグローバル化に伴い、義務的に英語に携わらなければいけない状況が確立されてきているのも逃れられない事実です。管理職への昇進等、キャリアアップにおいても、英語の外部検定での一定のスコア以上が求められています。転職の際にも、高い英語力は、評価される傾向にあります。
Log Lanでは、仕事で使える「話せる英語」を効率的かつ効果的に身につけられるよう、独自の英語教育システムで、バイリンガル日本人を多く輩出した経験を持つスタッフ・講師がサポートします。

就活生の方

履歴書に英語についての質問がある・・・
会社説明会で英語習得の話がでていた・・・

就職活動において、英語能力は、他者との差別化を大きく図れ、高評価される傾向にあります。多くの場合、その基準とされているのが、TOEICです。企業によっては、英語の外部検定の一定スコア以上を選考の条件にしている場合があります。国際性を持ち、会社で即戦力なることを示せるかどうかが鍵です。
Log Lanでは、仕事の選択肢を広げるだけでなく、将来グローバルに活躍できるよう、経験豊かなスタッフ・講師がご支援します。

キャリアアップを目指す方

海外との取引に携わってみたい・・・
海外での仕事に挑戦してみたい・・・
昇進に英語の外部検定が必要・・・

社会的にグローバル化が急速に進み、英語の必要性が強くなってきています。管理職への昇進等に、英語の外部検定の一定スコア以上の取得を定めている会社が出てきています。また、英語に触れる機会が増加することによって、海外への意識が強くなり、グローバルに挑戦してみたいと考える方も多くなってきています。
Log Lanでは、仕事での可能性を広げたいと考えている方に、全力で英語強化のお手伝いをさせて頂きます。

入試・外部検定受検を控えている方

入試のために英語を強化したい・・・
外部検定を受検してみたいけど自信がない・・・

入試に欠かせない英語。苦手な学生さんは克服、得意な学生さんはさらに伸ばしたいと考えていると思います。「話す」「聞く」「書く」「読む」の4技能をバランスよく学習することによって、英語は飛躍的に進歩します。また、外部検定を取得することにより、受験の際に英語が免除される等、資格が有利に働くことがあります。さらに、就活においても、外部検定で一定基準を超えていれば、高く評価されたり、一定基準を満たしていないと選考にすら入れなかったりと、外部検定の重要性は、非常に大きいです。
Log Lanでは、学校の学習に連携しつつ、入試や外部検定受験の対策を致します。

  • 3歳~小学生の方→
  • 中学生~高校生の方→
  • 大学生~社会人の方→
  • 海外旅行をお考えの方→
  • ビジネスで英語をお使いの方→
  • 就活生の方→
  • キャリアアップを目指す方→
  • 入試・外部検定受検を控えている方→
  • Procedure お申し込みまでの流れ
  • FAQ よくあるご質問
  • Voice お客様の声

Copyright © 2015 English Academy Log Lan All Rights Reserved.

このページのトップへ